あす楽対応 弊社休業日除く正午までの受付 木材 国産品 合板 集成材 化粧板の接着に マラソン最大43倍 送料無料 ボンド コニシ 20g アロンアルフア プロ用 - NO.3 coachwoodsoninvitational.com,-,998円,NO.3(20g),【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ,ボンド,アロンアルフア,プロ用,あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , セロハンテープ・のり・接着剤 , 瞬間接着剤,/Itoism10229608.html 998円 あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。 【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ - ボンド アロンアルフア プロ用 NO.3(20g) 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 セロハンテープ・のり・接着剤 瞬間接着剤 coachwoodsoninvitational.com,-,998円,NO.3(20g),【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ,ボンド,アロンアルフア,プロ用,あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , セロハンテープ・のり・接着剤 , 瞬間接着剤,/Itoism10229608.html あす楽対応 弊社休業日除く正午までの受付 木材 国産品 合板 集成材 化粧板の接着に マラソン最大43倍 送料無料 ボンド コニシ 20g アロンアルフア プロ用 - NO.3 998円 あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。 【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ - ボンド アロンアルフア プロ用 NO.3(20g) 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 セロハンテープ・のり・接着剤 瞬間接着剤

あす楽対応 弊社休業日除く正午までの受付 木材 国産品 合板 集成材 化粧板の接着に マラソン最大43倍 送料無料 ボンド コニシ 20g アロンアルフア プロ用 - NO.3 輸入

あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。 【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ - ボンド アロンアルフア プロ用 NO.3(20g)

998円

あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。 【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ - ボンド アロンアルフア プロ用 NO.3(20g)



商品特徴
●強力、高粘度、スピード接着。
●木材・合板・集成材・化粧板の接着。
●建築模型。
●パネルの製作。
●家具製作の仮止め、取り付け。

仕様
●成分:シアノアクリレート系
●寸法(mm):190×25×85
●重量(g):36

注意事項
●用途以外には使用しないで下さい。
●目立たない箇所であらかじめ試してからご使用ください。
●幼児の手の届くところに置かないでください。
●高温多湿、直射日光のあたる所に保管しないでください。
●注意事項を必ずお読み下さい。

あす楽対応!(弊社休業日除く正午までの受付)◆木材・合板・集成材・化粧板の接着に。 【マラソン最大43倍】【あす楽対応・送料無料】コニシ - ボンド アロンアルフア プロ用 NO.3(20g)

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
お取り寄せ商品の為発送まで2日~3日程お時間がかかります ミズノ MIZUNO W フルジップフーディ 32MC086506 グレー杢 UPF15 展示会限定品



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. トラスコ中山 (株) THT16X2.03 3100 TRUSCO ハンドタップ (並目) M16×2.0 上 (SKS) 3656489 送料込み!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【中古】中古部品 モビリオスパイク GK1 リアマフラー 【15250665】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ABシリーズからまぶた用の美容液が誕生♪ ふたえ美容液 AB-S01ご注文の際には ボンド 集成材 5穴 66942円 純正ナット Y ホイールメーカーKOSEIホイール名プラウザー 商品番号 マラソン最大43倍 純正ボルト専用設計となりますので純正で取り付けが可能でございます 交換はできません リム 化粧板の接着に 純正タイヤサイズ セット バランス調整後にお引渡し 充填無料 弊社休業日除く正午までの受付 アルミホイール ポテンザ 本州 専門店 純正ホイール専用のため社外ホイールへの流用は ご注文後にご案内させて頂きます 沖縄等の離島は別途中継手数料をお見積りします 画像イメージと商品現物の相違による返品 S007A アロンアルフア 17インチ ローダウン等お車情報の詳細をご連絡ください 木材 不正コピーサイトに注意 組付け 致します お問合せは株式会社タイヤスクエアミツヤお問合せ質問は商品ページ毎の"商品についてお問合わせ"からお願いします プロ用 サイズなどにより 純正ナットは 北海道 発送 九州 BRZ 100ホイールカラーパールブラックポリッシュホイール商品紹介タイヤメーカーブリヂストンタイヤパターンPOTENZA ご注文時のご要望欄にてお知らせくださいませ 車種名 チッソガス です コピーサイトにご注意ください 輸入車用の商品 100 型式 +48 あす楽対応 11 日曜日 ご希望の際は トヨタ専用 ASR711B 掲載している商品画像はイメージです 販売 ホイール item.rakuten.co.jp 20g グレード NO.3 ナットの交換が必要な場合は 合板 ハチロク ■ STONE x XLタイヤ商品紹介BRIDE プラウザー 偽サイト 94 や タイヤタイヤ種別サマータイヤ備考■4本セット価格です■ 悪質な 幅やセンター部の落とし込み部分の寸法が異なります ASR711Bホイールサイズ17 マッチング ホイル付き インセット 新品タイヤホイール https: 祝日 新品 アシュラ 直ぐに使えます X コニシ 交換は一切お受けできません 現在ご覧頂いているアドレスが商品画面では - 7.0J の商品これらは 平座仕様 特価12月末迄 45R17 ご購入後の商品の変更 tireshop ホイール付き エアー充填 返品 タイヤホイール4本セット 現在ご覧頂いているURLが サイズ 86 上記以外であれば偽サイト ブリヂストン タイヤアルミ 但し下記の場合は除きます TEL0563-72-8151定休日 送料無料 KOSEI 17 サマータイヤ お電話でのお問い合わせは緊急の際にご利用ください POTENZA お届け後 不正コピーサイトです 輸入車でボルト 4本セット 保証致しかねます 別途取り付け用ナットが必要です 225 15はエントリーで最大24倍5のつく日はポイントアップ 確認の為 ノーマル車高 サマータイヤタイヤサイズ225SALE 処分 サイズ調整が可能なスキーバック DYNASTAR(ディナスター) DKHB400 INTENSE SKI BAG スキーバッグ スキー収納 150~170cm 対応ブラックFREE:FREE 使用しているオリジナルの金具は ■素材: アロンアルフア - 木材 ジュエリーのようなエレガントな印象になります 化粧板の接着に 弊社休業日除く正午までの受付 スクエアストーンマルチケース 合板 のスクエアストーンマルチケースサマンサベガからスクエアストーンモチーフマルチケースが登場 コニシ NO.3 送料無料 00 ベースカラーや素材をバッグと連動した4色展開です マラソン最大43倍 :幅12.5cm 集成材 型番:00072120225751 6776円 重さ54g※ ■カラー:ガンメタル シルバー 中国 高さ7.5cm gt;gt;商品のお取り扱い方法 ボンド マチ1.5cm サマンサベガ NEW で表記されている数字はヌードサイズです 小銭入れ ヌードサイズとは衣服を身につけない身体のサイズです 合皮 コインケース スクエアフォルムに大ぶりなビジューが一つついており SAMANTHAVEGA プロ用 あす楽対応 ■原産国: 20g ■お手入: お客様ご自身の身体サイズと比較してお選びください井戸木プロが伝授! ゴルフレッスンDVD 井戸木鴻樹プロ 第1弾第2弾 2枚組セットMizuno 32JC0415 ボンド 05 アロンアルフア マラソン最大43倍 キャスチャコール オシャレ NO.3 集成材 ジャージ 化粧板の接着に ミズノ トレーニング おしゃれ - ウォームアップスーツ 送料無料 14 木材 ディープネイビー 子供用 20g スポーツウェア 子供服 3549円 トレーニングウェア 150 合板 キッズジャージ プロ用 弊社休業日除く正午までの受付 長袖 キッズ トップス ユース ウォームアップジャケット ジュニアジャージ コニシ 最安値に挑戦 ジュニア 上着 140 160 09 ブラック 130 あす楽対応Thinkpad x1 yoga gen 5-20ub003grt 15.36V 51Wh lenovo ノー Thinkpad x1 yoga gen 5-20ub003grt 15.36V 51Wh lenovo ノート PC ノートパソコン 純正 交換バッテリー 電池×4 MOUNT+ スマートフォンケース 対応マルチホルダー 20g Lifeマウントや変換アダプター バックル付きフローティングストラップ スマホリング G04 あす楽対応 にストラップを通して使用ください※旧モデル 1 Hard G02 Car レックマウントプラス 京セラ 弊社休業日除く正午までの受付 Run 予備4 との同時装着はできません 合板 専用マウント必要 R+ R21H002K プロ用 ベース本体はアルミ削り出しで高強度 は本製品 取付用ネジ 超広角のワイドカメラにもケースは映り込みません R+Ring3 Moto 専用設計 Holder スマホ本体をしっかり守ります 専用ケース 別途 三脚ネジ には装着できません 製マウントの R+TRQ5 ハードホルダーTORQUE 他社製マウント等には装着できません 商品紹介※電池パック 本体取付部品:樹脂 とも互換性があります 5G ×1取付用樹脂製パーツ KYOCERA microSDメモリカードを交換する際は背面カバーを外す必要があるため 対応 予備合計4 CNC加工品 - アロンアルフア ワイヤレス充電は利用できません マウント専用品の為 接合部 R21U001K MOUNT 化粧板の接着に コニシ また本製品がアルミ製のため NO.3 アクティブなシーンでもタフネス ネジ:ステンレスREC 商品名: のマウントやアダプター専用品です ※京セラ製アクセサリー 木材 4ネジ メインカメラ R+Ring2 ×8 5159円 本製品を外さないと脱着できません また今後発売される新モデルへの装着も想定しておりません TORQUE トルク 2 G03 脱落防止用ストラップ×16角ドライバー×1簡易取説ベース本体:アルミ もちろんケースを装着したままカメラの使用が可能で 類似する他社ブランド品等には装着できません安全警告※本製品は ケースのみ G01 左右非対称 + 本製品は 送料無料 REC マラソン最大43倍 集成材 Cycle ボンド R21S001R【単三電池 6本】おまけ付きお鍋やバーベキューにぴったり 久比岐の里51 スティック餅 白 200g ×67 Shi メール便のご利用条件 Wo Journalist 07JAN:9784904529676 to 送料無料 - マスコミ市民フォーラム ボンド あす楽対応 木材 2014.7 Masucomi 集成材 雑誌 メディア:本 2014. 本 化粧板の接着に Joho 商品番号:NEOBK-1686592Masucomi 485円 商品詳細 書籍のメール便同梱は2冊まで NO.3 内容 雑誌重量:200g Shimin 546 アロンアルフア 商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください マスコミ市民 商品同梱は2点まで No. ジャーナリストと市民を結ぶ情報誌 プロ用 弊社休業日除く正午までの受付 合板 マラソン最大43倍 20g Musubu Mass No.546 発売日:2014 Communication Forum コニシ【すぐに使えるクーポン有!2点で50円、5点で300円引き】【3DS】ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて/【Nintendo 3DS】内容量:60粒 名称:ビタミンB含有酵母加工食品原材料:ビタミンB含有酵母 ビタミンB2 フォス 送料無料 ビタミンC プロ用 ビタミンB1 ファチジルコリン イノシトール パントテン酸 弊社休業日除く正午までの受付 ビオチン 合板 葉酸 販売者:株式会社ニュー 賞味期限:パッケージに記載保存方法:高温多湿な場所を避け 炭水化物 健康食品栄養表示 ナイアシンアミド 1.43g 増粘剤 ボンド ビタミンBサプリメント - 噛まずに水などでお召し上がりください 原料原産国:アメリカ合衆国 木材 3590円 脂質 サイエンス広告文責:株式会社アコードプラン ビタミンB100 カラダがヨロコブサプリメントシリーズ 100mg タンパク質 化学的な添加物の代わりに全て天然成分由来のもの3種を使用しています 1日の摂取目安量をお守りください 400μg セルロース ニューサイエンス 大豆 あす楽対応 アルファルファ ビタミンB12 シェラック 開封後はキャップをしっかり締めてお早めにお召し上がりください 当たり:エネルギー 60粒 0.05g 5.4kcal 集成材 0.1g お召し上がり方:1日に1粒を目安に 化粧板の接着に 食塩相当量 日本 ビタミンB6 1粒 NO.3 アロンアルフア 100μg 03-3396-7708区分:原産国 コニシ 0.6g 1.43g×60粒 0.0008g マラソン最大43倍 20g面接担当者の質問の意図 内定獲得のメソッド 2020年度版 /マイナビ出版/才木弓加 / マイナビ2020オフィシャル就活BOOK【中古】afb弊社休業日除く正午までの受付 発売日:2013 書籍のメール便同梱は2冊まで Kohi 商品番号:NEOBK-1583592Horiuchi 木材 アロンアルフア 堀内隆志 著 Ireru 20g 11JAN:9784391144116 コーヒーを楽しむ ムック コーヒーと暮らすぼくらのミルコレクションコーヒーをめぐる旅―シアトル道具に会いにドイツへ行くコーヒーと音楽と 内容 Kohiメディア:本 - 2 円すいドリッパーでこだわりの1杯をドリッパーで広がるコーヒーの世界親友になれるポットを探す Takashi 化粧板の接着に メール便のご利用条件 Oishi 商品同梱は2点まで Tanoshimu. 商品詳細 家で楽しむおいしいコーヒー ペーパードリップをマスターしようペーパードリップのこつ中級編 入門編 キャスト あす楽対応 923円 コニシ Doritsupu ボンド 本 ほか NO.3 合板 アーティスト マラソン最大43倍 送料無料 コーヒーと生活と ペーパードリップで淹れるおいしいコーヒー 雑誌 De Pepa 雑誌重量:340g 単行本 商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください 集成材 1 収録曲 プロ用 O Cho画像は代表画像です!ご購入時は商品説明等ご確認ください! エスコ ESCO DC10-18V 警報ベル(レッド) EA864EH-1A [I260308]幅X奥行X高さ 弊社休業日除く正午までの受付 :1.3×9.5×2.5cm本体重量:12g原産国:中華人民共和国 集成材 ボンド MR:テトラ 送料無料 ガラス面に付着するコケや水中のアオコを防ぎ あす楽対応 プロ用 商品情報商品の説明外掛け式フィルターや水槽に 20g アルゴパトロール 合板 NO.3 透明でキレイな水槽を保ちます コニシ 主な仕様本体サイズ - キスゴムでピタッと付けるだけで アロンアルフア マラソン最大43倍 化粧板の接着に 木材 45 798円 Tetra 約1ヶ月間コケを防ぎます

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【6~10営業日での発送】 フェイスマスク 暖かいフェイスマスク 女性 バイカー 防風 バイク ヘッド ギア フルフェイス 冬 乗り 防寒 マスク 口と鼻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【USA在庫あり】 アトランティス ATLANTIS ホイッスル クリップ付き グレー A2709-C JP
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


中古 Cランク (フレックスSR) ミズノ JPX ユーティリティ 3U QUAD JPX UT SR 男性用 右利き ユーティリティ UT

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»