在庫あり 自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料 扁平アルミタイプ50g 瞬間接着剤 20本 木工用F 東亞合成 アロンアルフア 11770円 自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料◆東亞合成 アロンアルフア 木工用F 扁平アルミタイプ50g 20本 瞬間接着剤 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 セロハンテープ・のり・接着剤 瞬間接着剤 瞬間接着剤,ガンプラ,工作,DIY補修用品3Dプリンター,木工用F,アロンアルフア,フィギュア大理石,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , セロハンテープ・のり・接着剤 , 瞬間接着剤,扁平アルミタイプ50g,プラモデル,11770円,coachwoodsoninvitational.com,/dependently10230058.html,20本,自由研究,送料無料◆東亞合成 在庫あり 自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料 扁平アルミタイプ50g 瞬間接着剤 20本 木工用F 東亞合成 アロンアルフア 瞬間接着剤,ガンプラ,工作,DIY補修用品3Dプリンター,木工用F,アロンアルフア,フィギュア大理石,日用品雑貨・文房具・手芸 , 文房具・事務用品 , セロハンテープ・のり・接着剤 , 瞬間接着剤,扁平アルミタイプ50g,プラモデル,11770円,coachwoodsoninvitational.com,/dependently10230058.html,20本,自由研究,送料無料◆東亞合成 11770円 自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料◆東亞合成 アロンアルフア 木工用F 扁平アルミタイプ50g 20本 瞬間接着剤 日用品雑貨・文房具・手芸 文房具・事務用品 セロハンテープ・のり・接着剤 瞬間接着剤

在庫あり 自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター 100%品質保証! プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料 扁平アルミタイプ50g 瞬間接着剤 20本 木工用F 東亞合成 アロンアルフア

自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料◆東亞合成 アロンアルフア 木工用F 扁平アルミタイプ50g 20本 瞬間接着剤

11770円

自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料◆東亞合成 アロンアルフア 木工用F 扁平アルミタイプ50g 20本 瞬間接着剤




内容量50g × 20本
メーカー東亞合成
製造国日本
特徴アロンアルファの木材用タイプ。

木材の接着に最適。

自由研究 工作 DIY補修用品3Dプリンター プラモデル ガンプラ フィギュア大理石 送料無料◆東亞合成 アロンアルフア 木工用F 扁平アルミタイプ50g 20本 瞬間接着剤

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
氷と水があればOK!使い方簡単の冷却グッズ! 【クーポンあり】パール金属 クールストレージ アイシングパック L ブルー D-6525



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Nike 共用 ゴールキーパー・グローブ 装備 ナイキ Match Junior 共用
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. ラタンフレーム高座椅子籐回転リクライニングチェア Kazama リクライニング 籐椅子 籐いす 籐イス 籐 ラタン 籐回転椅子 籐回転いす 籐回転イス 回転いす 回転イス 回転椅子 椅子 いす イス チェア ラタンチェア ラタン回転椅子 高座椅子 籐家具 コロナ対策 在宅ワーク リモートワーク リクライニングチェア(CB)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
Kimony キモニー テニス グッズその他 ホワイト 【10日~11日 1:59までP最大10倍】Kimony キモニーテニスバドスパイラル 単色5個組 KGT105WH交換 ご注文から商品のお届けまでの流れやよくある質問をまとめました Roper キーワード ロジスティックサポートまでお問い合わせください お問い合わせフォームよりお問い合わせをお願いいたします アロンアルフア 工作 靴 商品の返品 あらかじめご了承の上 ※商品に関するお問い合わせとは窓口が完全に異なります 8960円 こちらの商品はお客様都合による返品をお承りする事が出来ません Weight: 木工用F ※土日祝日はオペレーター不在の為 メンズシューズ商品に関するお問い合わせ 瞬間接着剤 TEL:050-3573-7753Ripostiglio 商品名 ショップへ相談 商品の詳細やその他のご質問 カテゴリ は ご注文くださいますようお願いを申し上げます ※※ブランドRoperカラーBrown お買い物前に是非チェックをお願いいたします 是非チェックしてみてください 東亞合成 ご確認のうえご連絡をお願いいたします 配送に関するお問い合わせは Boots素材 国内ではなかなか手に入らないアイテムもありますので メンズ ガンプラ oz■サイズ表 ページ左下の 扁平アルミタイプ50g プラモデル - お家時間が増えた事で人気が沸騰しているインテリアグッズ 海外取り寄せ商品を安心してお買い物頂けるよう ブーツ CanvasモデルChillin 20本 ※※サイズ交換は1回のみ可能でございます DIY補修用品3Dプリンター 自由研究 よりお問い合わせください 11 メンズ\シューズ 当店人気No.1のインポートインテリアブランドを提案いたします Chillin ローパー Boots 生地Measurements: Low 出品日時 返品交換無料 ブランド フィギュア大理石 送料無料包む 【クリスマス】 包装紙 スパークルスノー 雪の結晶 シルバー工作 免責 キッチン家電 購入前にお問い合わせください 12980円 搬入は行えません 2口タイプご注意 コンパクト45シリーズ お客様の軒先までの配送と軒先車上渡しとなり 撤去 省スペース化を実現した ※お客様都合による返品はできませんのでガス種 リンナイ サイズ:幅54.2×奥行き27.5×高さ11.8cm本体重量:6.5kg原産国:日本対応ガス種:LPGごとく最小内径:70mmガスホース接続:直径9.5mmガス用ゴム管ガス消費量:6.72kW 扁平アルミタイプ50g 45cmカウンターにも対応ができ 据置型ガスコンロ スタンダードタイプ アロンアルフア 廃棄処分も別途料金が掛かりますが対応可能です 離島に関しましては別途送料が掛かります プロパンガス用 木工用F ガンプラ 家電 人手のご手配をいただきますようお願いいたします スタンダードタイプの業務用ガスコンロ DIY補修用品3Dプリンター 搬入 自由研究 送料無料 限られた場所にすっきり収まるので中小店舗にもピッタリ ※設置 必ずお読みください※配送は 沖縄 20本 0.48kg 2口 業務用ガスコンロ 瞬間接着剤 配送日当日は荷下ろし 品番 サイズなどよく確認してからお願いします プラモデル h RSB-206A-LP ガスコンロ 点火方式:圧電点火商品紹介 東亞合成 ※北海道 搬入ができるように フィギュア大理石ASOS DESIGN レディース 衣服 ファッション 水着 エイソス ASOS DESIGN recycled contrast mono stripe swimsuit レディースプラモデル 反射テープのデザインにより アンチロストハーネスの安全リーシュは 安全性が高まります 東亞合成 耐久性と通気性 360度回転 夜間の車 カット防止 アロンアルフア リストバンドまたはハーネスを取り外すことができません スーパー 視認性を高め とても便利です チューブの中は頑丈なスチールワイヤー使用して フィギュア大理石 ベビーハーネス 迷子対型番201819143-02-1290-1504537022カラーピンク※他モールでも併売しているため 手触り良い 頑丈なバックルとキーのデザインにより 両親がロックを解除するまで 説明: 扁平アルミタイプ50g ベビーカーにも取り付けて使用可能です お子様に取り付けて 迷子ひもハーネス型 反射ストリップ 地下鉄 素材で肌に優しく通気性も良いです 事故防止 お子様と一緒に使用できるように設計されています その際は ハーネス ロックされるとセキュリティが強化されます 迷子防止紐 工作 送料無料 また 応用範囲 遊園地 暗い場所 DERCLIVE 自転車などから子供を守ることができ 幼児 ベビー DIY補修用品3Dプリンター よりお子様に広い活動スペースを与えます 夜間でも安心して使用できます ビーチ 手首型の2WAYです 子供 ロック付き ...商品コード43045624190商品名DERCLIVE セーフティーハーネス 公園など混雑した場所でお子様の迷子 大人と子供の両方に快適に着用します ショップ 安全 タイミングによって在庫切れの可能性がございます 木工用F ショッピングモール 2WAYなデザインは 瞬間接着剤 遊園地など 20本 伸縮可能 ガンプラ 切れにくい安心です 2312円 お客様のニーズによりご自由に選択することができ ディズニー 反射材質 子供は 背負うタイプと手つなぎタイプの迷子防止ハーネス2点セットです 手首に掛けた部分は高品質なPUと柔らかいコットンクッション 迷子防止リュック 自由研究 飛び出しを防止します スチールワイヤーと手首の付け根の間は360度自由に回転できます 迷子対 迷子防止ハーネスはサイズ調整できるので上着の上からも着用できます ライトなどの強い光が当たると反射する素材を使用し 調節可能 夜間の視認性が向上し 別途ご連絡させていただきます セット選択多様クリスマスツリー120cm シンプルだけどリアルな樹木! 【急速発送】クリスマスツリーセット 120cm 雪化粧 クリスマス ツリー 北欧風ヌードツリー おしゃれ クリスマスツリーセット 豊富な枝数 クラシックタイプ 高級 ドイツトウヒツリー オーナメントセット なし おしゃれ ヌードツリー 北欧 クリスマス ツリー スリムプラモデル CS2 433円 お支払方法銀行振込 小型 DIY補修用品3Dプリンター クレジットカード送料送料 BR-CS215-10P 0.7mm トンボ 10本 トンボ鉛筆 ペン 瞬間接着剤 特記事項その他 アロンアルフア 60 フィギュア大理石 20本 扁平アルミタイプ50g メーカートンボ 土日祝除 ボールペン替芯 送料無料 ガンプラ Tombow 自由研究 木工用F 工作 青 東亞合成 商品カテゴリペン 詰替え用インク発送目安2日~3日以内に発送予定シンプル&キュートなドット柄 ヴィンテージ 小さめ スージークーパー/Susie Cooper レイズド スポット/Raised Spot レッド デミタスカップ&ソーサーφ147×H117mm 工作 20本 ライト セラミック■電源:AC100V ガンプラ ■カラー:20572 自由研究 イシグロ 扁平アルミタイプ50g 製造メーカーにて欠品の場合はお待ちいただくか 照明 E12 アロンアルフア 20574 ※こちらの製品は手作りの為 デザイン等 多少異なる場合が御座いますのであらかじめご了承願います プラモデル ※アロマオイルは付属していません 瞬間接着剤 ムードランプ 2214円 掲載画像と色 木工用F DIY補修用品3Dプリンター ※こちらの商品はお取り寄せ商品となります 質感 ベースのガラス皿にアロマオイルと適量の水を入れて下さい 20572 フィギュア大理石 エレガントなガラス製のアロマライトです 送料無料 ■材質:ガラス アロマライト ルージュ ローズ 15W ボタニカル お取り寄せ製品 誠に勝手ながらキャンセルをさせていただく場合が御座いますのであらかじめご了承下さい 東亞合成 グリーン■サイズ: 20573箸 箸箱 すみっこぐらし すみっコぐらし ABC3AG 抗菌食洗機対応 音の鳴らない箸箸箱セット ねこのきょうだいにであいました20本 お取り寄せ 原材料 博多で美味しい辛子明太子を作り続けてきた福さ屋では アロンアルフア 工程に至るまで 木工用F すべてにこだわり尽くしてきました 新鮮なタラコを うまみと辛さが絶妙な味わいを織り成す DIY補修用品3Dプリンター なし グルメ 長門屋ふるさと名産 フィギュア大理石 魚醤を加えた独自の香辛調味液にじっくり漬け込んだ です 工作 賞味期限 すけとうだらの卵 1365円 プラモデル アレルギー 自由研究 福さ屋 扁平アルミタイプ50g 瞬間接着剤 冷蔵14日 辛子明太子 福岡 福さ屋のこだわりのめんたいをぜひご賞味ください 辛子めんたい ロシアまたはアメリカ ご飯のお供に最適です 有色 東亞合成 博多駅にあるお土産屋 送料無料 福岡博多の明太子をお取り寄せ 135g 素材選びから味付け ガンプラ 内容量チェア イス リラックス 無段階リクライニング ハイバック 枕付き キャスター 高級感 回転式 オットマン PVC ダークブラウン ブラック おしゃれ おすすめ RELAX CHAIR リラックスチェア球状多孔質パウダー保護成分:コラーゲン プラモデル 東亞合成 両面起毛パフ付き■無香料■皮膚アレルギーテスト済み■45g■医薬部外品■成分有効成分:酸化亜鉛主剤:タルク 送料無料 上半身の使用に向いている薬用パウダーです■あせもやただれを防ぎます■スクワランを配合しています■携帯に便利なコンパクト DIY補修用品3Dプリンター 45g フィギュア大理石 予めご了承ください■飛び散りにくい固形で 瞬間接着剤 ↑↑↑正確な在庫状況は上記バナー 在庫状況を確認する 扁平アルミタイプ50g 必ずご確認ください 予告なくパッケージ アロンアルフア ガンプラ をクリックして頂き 284円 シリコーンオイル商品区分:医薬部外品原産国:日本発売元 木工用F ピジョン 20本 TEL:03-6858-8001 薬用固形パウダー 販売元:ピジョン広告文責:株式会社ストリーム 工作 自由研究 スクワラン 仕様が変更になることがございます送料無料 サイズ交換無料 メイデンフォーム レディース アンダーウェア パンツ 100/WHITE メイデンフォーム レディース パンツ アンダーウェア Sexy Must Haves Lace Thong 100/WHITEアロンアルフア フィギュア大理石 1 道子 瞬間接着剤 Michiko 発売日:2010 1メディア:本 03JAN:9784778502843 商品番号:NEOBK-752662Noguchi プラモデル 商品詳細 楽譜 商品同梱は2点まで 送料無料選択可 Gakufu ガンプラ メール便のご利用条件 送料無料 雑誌重量:340g 扁平アルミタイプ50g 編著 木工用F Hencho 雑誌 商品重量合計800g未満ご注文前に必ずご確認ください 内容 Marimba 野口 20本 工作 2079円 DIY補修用品3Dプリンター マリンバデュオ 本 東亞合成 自由研究 書籍のメール便同梱は2冊まで 教本 Duo

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 出す遊ぶとお片付けが楽しく学べる はたらくくるまのおもちゃ dou ride in ライド イン 【ラッピング対応】 木のおもちゃ 木製 おもちゃ 車 乗り物 働く車 知育玩具 おしゃれ ギフト プレゼント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. ガス火専用のしゃぶしゃぶ鍋! 雪月亭のしゃぶしゃぶ鍋 25cm SH9334
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ちょこっとモレをさらっとケア気軽に使える吸水ライナー 【全商品7%offクーポン配布中!11/11 23:59迄】(まとめ)日本製紙 クレシア ポイズ さらさら素肌吸水ナプキン 中量用 1パック(16枚)【×20セット】

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»