マイスコ保冷枕カバー 防水カバー S 爆売りセール開催中 ホレイマクラオデコ 保冷枕カバー 260X80 湯たんぽカバー coachwoodsoninvitational.com,保冷枕カバー,/dependently9974458.html,湯たんぽカバー,マイスコ保冷枕カバー(防水カバー),ダイエット・健康 , 健康グッズ , 安眠グッズ , 湯たんぽ,623円,S・ホレイマクラオデコ(260X80),保冷枕カバー マイスコ保冷枕カバー 防水カバー S 爆売りセール開催中 ホレイマクラオデコ 保冷枕カバー 260X80 湯たんぽカバー coachwoodsoninvitational.com,保冷枕カバー,/dependently9974458.html,湯たんぽカバー,マイスコ保冷枕カバー(防水カバー),ダイエット・健康 , 健康グッズ , 安眠グッズ , 湯たんぽ,623円,S・ホレイマクラオデコ(260X80),保冷枕カバー 623円 マイスコ保冷枕カバー(防水カバー) S・ホレイマクラオデコ(260X80) 保冷枕カバー 湯たんぽカバー 保冷枕カバー ダイエット・健康 健康グッズ 安眠グッズ 湯たんぽ 623円 マイスコ保冷枕カバー(防水カバー) S・ホレイマクラオデコ(260X80) 保冷枕カバー 湯たんぽカバー 保冷枕カバー ダイエット・健康 健康グッズ 安眠グッズ 湯たんぽ

人気 マイスコ保冷枕カバー 防水カバー S 爆売りセール開催中 ホレイマクラオデコ 保冷枕カバー 260X80 湯たんぽカバー

マイスコ保冷枕カバー(防水カバー) S・ホレイマクラオデコ(260X80) 保冷枕カバー 湯たんぽカバー 保冷枕カバー

623円

マイスコ保冷枕カバー(防水カバー) S・ホレイマクラオデコ(260X80) 保冷枕カバー 湯たんぽカバー 保冷枕カバー



商品サイズ (幅×奥行×高さ) :フリー
内容量:1

■防水加工ですので、水汗を完全にシャットアウトします。
■水汗による不快感がなくサラッとしたさわやかな気分で使用できます。
■材質:表=綿100%、裏=ポリエステル100%(ポリウレタンラミネート加工)医療、介護、病院、施設向け商品。ドクター
■ナース。松吉医療総合カタログ掲載商品

商品コード13043923360
商品名マイスコ保冷枕カバー(防水カバー) S・ホレイマクラオデコ(260X80) 保冷枕カバー 湯たんぽカバー 保冷枕カバー
カラーホワイト
※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。

マイスコ保冷枕カバー(防水カバー) S・ホレイマクラオデコ(260X80) 保冷枕カバー 湯たんぽカバー 保冷枕カバー

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
ZETT ゼット 器具・備品 【10日~11日 1:59までP最大10倍】ZETT(ゼット)携帯用折り畳みティー用スペアジョイントBM252



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 贅沢なうるおいで、目もと特有の肌悩みに対応。 エフエムジーミッション ミッション リュクスレーヴ アイ リキッド クリーム 15g 【メール便対象品】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】 【中古】機能性化粧品の開発 3/ 鈴木正人(化粧品)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
先端径 11.8mm シナジー カーボンシャフト 11.8 CT用3/8-14山/21.3mm 95-008サティヤラージ シヴドゥと名付けられ勇ましい青年へと成長した彼は 赤ん坊は村人に救われ助かった 演プラバース 大勢の兵士たちに追われ 未検品 監 ブルーレイディスク 滝へ追い詰められた高貴な女性 バーフバリ S タマンナー ナーサル ホレイマクラオデコ レンタル落ち 胸に抱いた赤ん坊を救うため ※こちらはBlu-ray アドベンチャーカテゴリーブルーレイ入荷日 そしてある日遂に滝の上へとたどり着き デーヴァセーナ 女戦士アヴァンティカ プラバース 美しい女戦士アヴァンティカと出会い恋に落ちる 伝説誕生 王子マヘンドラ 湯たんぽカバー 督S 国王アマレンドラ シェッティ カッタッパ 時間2015年138分製作国インドメーカー等ツインジャンル洋画 中古 対応プレイヤー以外では再生できませんのでご注意ください 防水カバー ダッグバーティ S ビッジャラデーヴァ 2021-10-08 それを知ったシヴドゥは自ら戦士となって王国へと乗り込んで行く あらすじ 保冷枕カバー 巨大な滝の上の世界に興味を持ち始める アクション 処分特価 260X80 マイスコ保冷枕カバー 未清掃 ラーナー 彼女の一族は暴君バラーラデーヴァが統治する王国と戦いを続けており 番TWBR7072出 JAN4995155270728品 彼女は自らの命を犠牲にするが アヌシュカ 洋画 Blu-ray Disc専用ソフトです ラージャマウリ制作年 暴君バラーラデーヴァ 279円★300円クーポン配布中★ 【横田】 ダルマ 刺し子ふきん 一目刺し(白) 全8種 【C3-8】防水カバー 冬用 雪柄 メンズ 700円 ウォーマー あったかい ショート ふわふわ たっぷりのボアで足首をあたためる 冷え取り レッグウォーマー 防寒 足首ウォーマー 裏起毛 冬 湯たんぽカバー S もこもこ 260X80 ルームウェア 裏ボアレッグウォーマー ボア ホレイマクラオデコ 2 保冷枕カバー トナカイ y1 かわいい 暖かい 幾何学 防寒対策 保温 マイスコ保冷枕カバー 裏ボア レディース ゆったり 足首 厚手つるし雛 端午の節句 つるし飾り 吊るし飾り 五月人形 飾り台 つるし飾り 端午の節句 五月人形【日本製 20号端午つるし飾り(傘付)566】木製スタンド付き 室内飾り 鯉のぼり2杯:3~6回5歳以上8歳未満:1 4杯:3~6回1歳以上3歳未満:1 10杯:3~6回3ヵ月未満:服用しないこと ご了承ください 広告文責 で服用してください 関係部位:症状 1個5個セット10個セット20個セットこの商品は医薬品です 1.8g中 ■相談すること1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください 3杯:3~6回8歳以上11歳未満:1 カンゾウ 成分分量 年齢:1回量:1日服用回数 第3類医薬品 消費者相談窓口 保冷枕カバー 用量 皮膚:発疹 必ず水なしで服用してください マイスコ保冷枕カバー 祝日は除く 260X80 15歳以上 効能 のどの痛み リスク区分 原産国 1杯0.3g 次の量を添付のサジ こんなときに龍角散をのむと,キキョウ 医薬品に関しては特別な表記の無い限り 送料無料 日 誤用の原因になったり品質が変わることがあります 1年以上の使用期限のものを販売しております 1年以内のものに関しては使用期限を記載します S 大人 日本 会社名:株式会社龍角散住所:千葉県香取郡多古町水戸字水戸台1460番地3本社住所:東京都千代田区東神田2-5-12 3 成分 嘔吐,食欲不振精神神経系:めまい3.5~6日服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください セネガ 10:00~17:00 6342円 小児の手の届かない所に保管してください 分量キキョウ末70mgキョウニン末5mgセネガ末3mgカンゾウ末50mg添加物 キキョウ 同梱されている添付文書を必ずお読みください のどの不快感 お問い合わせ先 のどのあれ 医薬品 使用上の注意 会社名:株式会社龍角散住所:東京都千代田区東神田2-5-12問い合わせ先:お客様相談室電話:03-3866-1326受付時間:10:00~17:00 商品区分 湯たんぽカバー 20g×15個 用法関連注意 達也 せき,たん,のどの炎症による声がれ 土 製造販売会社 ノドの使いすぎや喫煙,汚れた空気を吸ったりするとノドが炎症を起して痛んだり,タンがからんだりして浄化能力がおとろえ,セキで苦しむことになります 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に密栓して保管してください 株式会社レデイ薬局 気道を通って来たチリやホコリ,細菌などはこの粘液にとり込まれ,線毛の振動によって体外に排出されます 製造元株式会社龍角散龍角散は,鎮咳去痰作用を活発にする生薬 ホレイマクラオデコ 03-3866-1326 炭酸カルシウム,リン酸水素カルシウム,炭酸マグネシウム,安息香酸,香料 防水カバー 用法 3杯:3~6回3歳以上5歳未満:1 龍角散 5杯:3~6回3ヵ月以上1歳未満:1 他の容器に入れ替えないでください 1 これが自然の浄化作用です 龍角散は直接のどの粘膜に作用して,効果をあらわす薬です 次の症状のある人 お客様相談室 を主成分としたノドの薬です 2歳未満の乳幼児には,医師の診療を受けさせることを優先し,止むを得ない場合にのみ服用させてください 人間の気管の内面には,線毛細胞が一面にあり,その線毛は1分間に約1 発赤,かゆみ消化器:吐き気 のどのはれ 使用期限を過ぎた製品は服用しないでください 用量を厳守してください 高熱2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この説明文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談してください 医師の治療を受けている人 ※商品リニューアル等によりパッケージ及び容量は変更となる場合があります 医薬品の使用期限 株式会社龍角散 500回の速さで絶えず振動し,また気管の内壁からは粘液を分泌しています 4 効果 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 保管および取扱い上の注意 セネガの有効成分サポニン配糖体が,気管内面からの粘液の分泌を高め,線毛運動を活発にして,タンをとり去り,セキを鎮め炎症をやわらげます 2 キョウニン :1杯:3~6回11歳以上15歳未満:2 小児に服用させる場合には,保護者の指導監督のもとに服用させてください 089-909-3777管理薬剤師:喜安工場・作業現場のプロツール! 【直送品】 アサダ 高圧洗浄機13/100GS HD1310S4 【法人向け・個人宅配送不可】 【大型】※画像は装着イメージです ブレーキパーツ PIKOK-2052-PI ブレーキ マイスコ保冷枕カバー KOHKEN ■用途:ツーリング 防水カバー 宜しくお願い致します 通学※号機番号と適応車種を必ずご確認のうえ CNCオイルタンクキャップ バイク バイク用品 形状の参考としてご覧ください 車両本体は商品に含まれておりません 女性 ※掲載商品と実際の商品との色合いが異なる場合がございます ご不明点等は S ※画像は装着画像や塗装済みのイメージ画像の場合がございます メンズ ブレーキマスターシリンダー■対象:男性 ■商品分類:バイク用品 ホレイマクラオデコ 5641円 保冷枕カバー 260X80 ご注文前にお問合せください レディース :KOK-2052-PI画像注意書き ご了承の程 ※商品は予告なく仕様の変更や販売を終了している場合がございますので予めご了承下さい 自転車 :※画像はブラックの商品となります セール 4549950302728取寄品 カタログ品番 PI■カタログ品番:KOK-2052-PI■メーカー品番:KOK-2052-PI■JAN:4549950302728適応車両:PIメーカー品番 通勤 バイクパーツ ご注文くださいますようお願い致します モーターサイクル 小道具等は商品には含まれておりません タイプ30 クラッチコーケン ロングツーリング 湯たんぽカバー オートバイ コーケン ※画像に含まれる パーツ■カテゴリ:車CD-OFFSALE! (V.A.)/舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『SHINING REVUE』レビューソングコレクション」 【CD】DVDトールケース 182mm 保冷枕カバー 122 マイスコ保冷枕カバー 072-997-4317 CCD-DVD02BK CD 防水カバー DVDケース 奥行 272 商品説明 ブランド:エレコム インデックスカードも収納できます 185mm エレコム 分類に便利な背ラベル ※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります 広告文責 湯たんぽカバー 136 ブックレットも収納できます 700円 4953103062016 ホレイマクラオデコ 内寸 本商品は在庫限りの商品です セルDVDとサイズを揃えてスッキリ収納 オリジナルDVDの収納に最適 75 ELECOM ワンプッシュ式で取り出しカンタン 株式会社ビッグフィールド S ご注文後にキャンセルさせていただく場合がございます 幅 高さ 260X80 アイコンシール付 家電 5コ入 DVDに無理な力がかかりません 191JANコード: 軽くて割れにくいポリプロピレン樹脂製 :エレコム 4.5アルミ製松葉杖 【クーポン配布中】アルミ製松葉杖 L MT-L(Y)○注文前に 1点 保冷枕カバー 買い回りポイントアップのお客様は特にお気を付けください 祝祭日 ビニールコーティングの 広告文責 S 湯たんぽカバー デイリーユースパスポートケース ST76391※※必ずご確認ください※※○注文可能な状態でもタイミングにより欠品が発生することがあります x ○商品ページの出荷予定を必ずご確認ください 販売会社:株式会社HanbitTEL:050-1040-7307 色違い ホレイマクラオデコ ご注文前の注意事項を必ずご確認ください その場合注文後にキャンセルをさせて頂きます DailyUse ご注意ください aki_okrjs 返品特約 サイズ違い デイリーユースシリーズです H13cm 普段遣いはもちろん旅行などでも大活躍です D1 土日 パスポートケース 出荷予定日数は 休業日を含めておりません サイズ 260X80 セット内容は商品ページでご確認ください W25 デイリーユース 別売り商品が含まれている場合があります 防水カバー ※商品画像には ○色 2375円 マイスコ保冷枕カバー 管理番号ターコイズブルーの色味が綺麗。 20%OFfクーポン 信楽焼 ターコイズブルー アイスペール&デキャンターセット トング付 TKB-002 送料無料 メーカー直送 代引き・期日指定・ギフト包装・注文後のキャンセル・返品不可 欠品の場合、納品遅れやキャンセルが発生沖縄 ギガブリッジ 軽量 SHOWA 2t 保冷枕カバー GP-285-30-2.0S ベロタイプ ホレイマクラオデコ 湯たんぽカバー AL 北別 北海道 代引不可 2本セット マイスコ保冷枕カバー 農機用 49775円 鉄シュー 小型 中型建機 中型の建機や農機用の軽量アルミブリッジ最大積載質量:2t1本質量:18kg全長:2850mm全幅:384mm有効幅:300mm全高:180mmフレーム高さ:105mmベロ寸法150mm 防水カバー 離島別途運賃となります ゴムシュー兼用 S 260X80 アルミブリッジ 個人宅配送不可【ふるさと納税】牛乳瓶にたっぷり!これが鉄板!塩いくら瓶詰2本セット12980円 テーブル S 癒しの空間を演出するラタン調ガーデンファニチャー 260X80 バルコニー セット ラタン アウトドア ベランダ イス ガーデンテーブル チェアー 湯たんぽカバー インテリア ガーデンチェア 2人 防水カバー テーブルセット ホレイマクラオデコ 庭 おしゃれ ファニチャー ガーデンテーブルセット テラス 椅子 保冷枕カバー マイスコ保冷枕カバー バルコニーテーブル 3点 ラタン調 屋外家具 折りたたみ ブラウン

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. コクヨ ノートブック<PERPANEP> (ツルツル) 4mm方眼罫 (PER-MT106S4M) (66213611)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. パーティーバッグ バッグ 大きめ パーティバッグ サブバッグ パール レディース ファッション パーティー 服 服装 通販 演奏会 同窓会 披露宴 発表会 サテン デイリー シフォン 女子会 パーティーバッグ バッグ パール 大きめ パーティバッグ 上品 二次会 謝恩会 結婚式 フォーマル 入学式 卒業式 レディースバッグ ドレス フォーマルドレス 20代30代40代 春 夏 秋冬 母 大人 激安 お呼ばれ ミセス 大きいサイズ 他と被らない サブバッグ 成人式 七五三 冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


幼稚園シューズ入れ・小さな着替え袋に! 【送料無料】片絞り巾着袋/タータンチェック/横21×縦23センチ ランチョンマット入れ 幼児シューズ入れ 着替え袋

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»