Recent Posts

オスロ市議会は2022年度の首都予算で、高校で無料の給食制度を開始すると発表した。公立の学校には一定の金額が支給され、配当分を「朝食」か「昼食」、それとも「両方」に使うのかは、保健局・教育局と連携して...
Read More ...

ペルーのガストロノミー界は今、34歳の若き女性シェフ、ピア・レオン(Pía León)の話題で持ちきりだ。2018年に「コジェ(Kjolle)」をオープンするや否や、同年中に「ラテンアメリカ最優秀女性...
Read More ...

同じ料理でも、屋内で食べる味とまったく違って感じられるのが、アウトドアグルメの魅力です。今回は山グルメの達人に、アウトドアで大活躍する調理道具を使ったレシピを教わります。
Read More ...

デリバリー専門の飲食業、“ダークキッチン(ゴーストキッチン)”がスペイン都市部に登場し始めたのはパンデミック以前だったが、コロナ禍でこの営業形態の増殖は想像以上に早かった。
Read More ...

アラン・デュカスが2021年9月、野菜をテーマにした食堂風レストラン「サピド(Sapid)」をオープンした。現代社会の人々はレストランに対して、おいしさ、手頃感、地球環境への配慮と責任、提供の速さを求...
Read More ...

マンガリッツァ豚といえば、ハンガリーの「食べられる国宝」として知られている。およそ200年前にハンガリーで誕生したといわれ、1940年頃にはハンガリー国内外で数百万頭が飼育されていたとされるが、以降、...
Read More ...

海外では「黒い紙」と思われ、受け入れられない時期もあった海苔。しかし、和食が人気の今は、ヘルシーな食品として人気に。広島の海苔専門店「三國屋」は、安定した品質で信頼を集める海苔加工の第一人者。その工場に、目利きバイヤーの新尺基之さんを訪ねます。
Read More ...

埼玉生まれ。学校を出た後、銀座の松坂屋に勤務。昭和35年に結婚し、夫が営む割烹「千嶋秩父(現:秩父)」に女将として入る。昭和46年、ニュー新橋ビルの開業に伴い、地下1階に姉妹店をオープン。
Read More ...

東京都心から車で1時間。都市で暮らす人々の食卓を支える茨城県は農産物の一大産地です。地の利を生かして食べ時を逃さず、旬の県産農産物を都心で味わうメニューオン企画、第三弾は冬の味覚、サツマイモ。収穫真っ...
Read More ...

塩蔵、乾燥、発酵・・・調理メソッド&テクニックを身に着けて、普段買っている食べ物を一から作ってみると、自分で味を作る喜びや安心感を得られます。天日に干したり、発酵させたり、自然の力にゆだねるレシピは、...
Read More ...

同じ料理でも、屋内で食べる味とまったく違って感じられるのが、アウトドアグルメの魅力です。制約のある屋外調理でも、食材選び、家での下準備、持ち運び容器などの工夫で満足度の高い料理を楽しむことができます。...
Read More ...

ガルガーノ国立公園の指定地域の中心部にある町に、僕が以前には目にしたことのないような放し飼いによる採卵養鶏所がある。そこは「自然と接して自活できる仕事をしよう」と決意した若い夫婦が築いた王国だ。
Read More ...